【妖怪ウォッチワールド】効率よくヒョーイする方法とメリット6つ

ヒョーイ

“ヒョーイ”のシステムが楽しいと話題の『妖怪ウォッチワールド(妖怪WW/妖怪GO)』。みんなは“ヒョーイ”のシステムをしっかり把握してるデジか?

ここでは妖怪ウォッチワールドで他のプレイヤーに“ヒョーイ(憑依)”する方法や“ヒョーイ”することで得られるメリットについて説明するデジ。

ちょっとわかりにくい部分もあるシステムだけど、覚えると妖怪ウォッチワールドがすっごく楽しくなるデジよ!“ヒョーイ”する方法とメリットをしっかり覚えて周りのプレイヤーに自慢しちゃおうデジ!

この記事で会話をするキャラクター
ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボット。最先端AIロボットへの憧れが強いこともあり、日々デジタルテクノロジーについての知識を溜め込んでいる。特にVRやARなどの最新技術には詳しい。

あいちゃん

あいちゃん

可愛らしいビジュアルだが超ワガママ。アイドルグループ『超新幹線』のファンでウルトラオタク爆走中。趣味はブログ更新で「ブログに書くよ!」と周囲を脅すこともあり。

DMMVR動画ランキング

ヒョーイする前にしておくこと!事前準備について

ねぇブイブイ。私“ヒョーイ(憑依)”のシステムがまだよく分かってないの。だから“ヒョーイ”する方法やメリットについて教えてくれない?

お安い御用デジ。“ヒョーイ”の仕方を覚えるとゲームがより楽しくなるデジよ!

まずはプライベートモードをOFF

あれれ?“ヒョーイ”するには、まずプレイヤーをサーチって書いてあったのに誰も表示されないわ。もしかして妖怪ウォッチワールドって人気ないのかしら?

そんなことないデジ!老若男女がプレイする大人気ゲームデジよ!プレイヤーが表示されないのは、おそらくプライベートモードがONになってるせいデジね。

プライベートモード?

プライベートモードは他プレイヤーからサーチされない代わりに、こっちも他プレイヤーをサーチできないモードのことデジ。“ヒョーイ”を使うなら、まずはプライベートモードをOFFにするデジ。

それってどうやるの?

メイン画面左上にある「プライベート」っていう小さいボタンをタップすることで、簡単にON・OFF切り替えができるデジ!

妖怪パッドメニューからも変更できるデジ。「その他(2ページ目にあることも)」→「設定」と選んでから、プライベートモードと書いてある横のスイッチをOFFにするデジ。

妖怪パッドメニューをタップ

その他をタップ

設定をタップ

プライベートモードボタン

プライベートオフ

妖怪ホルダーに妖怪メダルを入れよう

次に妖怪ホルダーに妖怪メダルを入れるデジ。「妖怪パッドメニュー」→「妖怪メダル」→「妖怪ホルダー」と進んでほしいデジ。

妖怪パッドメニュー

妖怪メダル

次に画面下の「妖怪メダルボックス」ってところをタップするデジ。

妖怪ホルダー

あ、ガシャやバトルで手に入れた妖怪メダルがたくさん並んでいるわ!

妖怪メダルボックス

そしたら“ヒョーイ”させたい妖怪メダルを指で画面上「妖怪ホルダー」って書いてあるバーまで移動させるデジ。この時、舌みたいのが出てくるから乗せればOKデジ。

妖怪メダルを移動

これで妖怪ホルダーにメダルを移動させられたデジ。もう他プレイヤーに“ヒョーイ”する準備は完了デジよ。

DMMVR動画ランキング

ヒョーイする方法

プライベートモードをOFFにしたら、サーチに他プレイヤーが表示されるはずデジ。まずは左下にあるメニュー(フッターメニュー)をタップして「ホルダー」に合わせてほしいデジ。ここはタップするたびに「ホルダー」→「おでかけ」→「妖怪の木」と変わっていくデジ。

ホルダー

そうしたら、マップ画面右下にある妖怪ウォッチのアイコンをタップしてみてほしいデジ。これで近くのプレイヤーをサーチできるデジ。

あ、今度はプレイヤーが表示されたわ!

そうしたら、サーチで表示されたプレイヤーのところまで“ヒョーイ”させたい妖怪メダルをタップしたまま移動させていくデジよ。

ヒョーイ

これで妖怪を“ヒョーイ”させることが出来たデジ。ちなみにヒョーイ時間はランクやレベルが高いほど長くなる傾向にあるデジ。長いほど長距離移動のチャンスが増えると思うから、なるべくランクやレベルも意識するデジよ!

“ヒョーイ”させた妖怪の状態はどこでチェックできるの?

メイン画面のフッターメニュー(左下)の「おでかけ」からもチェックできるし、「妖怪パッドメニュー」→「妖怪メダル」→「妖怪ホルダー」からも確認できるデジよ。あとはマップ画面から探すことも出来るデジね。

そうなんだ!

ちなみにヒョーイにはGPS機能が必要になるんだけど、もし「GPS信号が見つかりません」が出ていたら、一旦妖怪パッドメニューを開いて、適当にどれかメニューをタップしてまたマップに戻ると解決することが多いデジ(それでも解決しない場合はゲームの再起動などを試してみるデジ)。

DMMVR動画ランキング

ヒョーイには承認が必要?

あれ?妖怪を“ヒョーイ”させたのに全く移動距離が変わらないわ!

それは単純にプレイヤーが移動してない可能性もあるけど、もしかすると承認されてないんじゃないかデジ?

承認?

他のプレイヤーに妖怪が“ヒョーイ”するには承認をしてもらう必要があるデジ。「おでかけ」の画面で「承認待ち」と表示されていたら、まだ承認されてないってことデジね。

ヒョーイの待機中、承認待ち

何で承認してくれないのよ!せっかく“ヒョーイ”させてあげたのに!

まぁプレイヤーも忙しいかもしれないデジ。少し待ってみるか、諦めて「のりかえ」するといいデジ。それか呼び戻してからまた“ヒョーイ”させるデジ。

のりかえ?

メイン画面にあるフッターメニュー(左下)の「おでかけ」で妖怪メダルを選ぶとメニューが出てくるデジ。そこから「ヒョーイ」ボタンを押すと周辺のプレイヤーがサーチされるから、あとは“ヒョーイ”させた時と同じように妖怪メダルを指でのりかえさせたいプレイヤーの元まで運んでいくデジ。

のりかえ

「のりかえ」は承認待ち状態じゃなくても出来るから、これも上手く使うといいデジよ。

なるほど!いつまでも承認してくれない人のところに留まってたら損だもんね!

まぁ新しい人がすぐ承認してくれるとも限らないデジけどね。ちなみに、プレイヤーアイコンの隣にハートマークがついてるのは「自動承認」を設定している証拠デジ。これを目安に“ヒョーイ”するプレイヤーを選ぶのもありデジ(自動承認はAndroid限定の機能です)。

自動承認ならすぐに“ヒョーイ”出来るってこと?

承認を待つことなくスムーズに“ヒョーイ”することが出来るデジね。ただ、1人のプレイヤーに“ヒョーイ”できる人数には上限があるから、絶対に“ヒョーイ”出来るとは限らないデジ。「これ以上ヒョーイさせられない」っていう表示が出たら、いさぎよく諦めて次の人を探すデジ!

ヒョーイするメリットについて

ところで他のプレイヤーに“ヒョーイ”するメリットって何なのかしら?その人の移動履歴を追えるだけ?

そんなこと無いデジ。“ヒョーイ”するとたくさんのメリットがあるんだデジよ!

ヨーカやひとだま、おみやげが手に入る

これが最もメジャーなメリットかもしれないデジね。“ヒョーイ”させたプレイヤーの移動距離に応じてヨーカやひとだまが手に入るデジ。

ヒョーイの結果

つまり“ヒョーイ”したプレイヤーがたくさん移動した方がお得ってことね!他のプレイヤーがたくさん歩いたり、交通機関や車で長距離移動することで、自宅にいながらヨーカがもらえるのね!

その通りデジ。ひとだまの数は基本的に移動距離(km)と比例してるみたいデジね。あと、上の画像を見れば分かるように「おみやげ」を持ち帰ってくることもあるデジ。

妖怪を連れてくることも!

ヒョーイした妖怪を呼び戻した時、何と道中で出会った妖怪を連れてくることもあるデジ!もちろんバトルしてともだちになれる可能性もあるから、連れてきたらぜひバトルを挑むといいデジ!

妖怪を連れてきた

妖怪を連れてきた

これなら地元にいない妖怪もゲットできそうね!でも連れてきた妖怪のレベルが高かったらバトルに負けちゃいそう…。

そんな時は「あとで」を選択して百鬼夜待に追加するといいデジ。そして好物を入手しておいたり、バトルメンバーのレベルを上げるといった対策を整えてからバトルデジ!(百鬼夜待で待ってくれるのは24時間までです)

そんな便利な機能もあるのね!

ちなみにヨーカやひとだまを手に入れたり、妖怪を連れ帰ってくるのはおでかけ先の妖怪を呼び戻した時デジ。呼び戻すには「おでかけ」タブから妖怪メダルを選択して「呼び戻す」をタップするだけデジ。

妖怪の木を植えられる!

“ヒョーイ”させた妖怪のおでかけ先に妖怪の木を植えることも出来るデジよ!

妖怪の木?どういうこと?

たとえば、自分の住んでいるのが大阪府だったとするデジ。そしたら北海道にいる妖怪はなかなか手に入らないデジよね?

そりゃそうよ。

しかーし!“ヒョーイ”させた妖怪が北海道まで行っていたら、北海道に妖怪の木を植えることが出来るデジ!妖怪の木には周辺の妖怪を寄せ付ける機能があるデジ。つまり大阪にいながら北海道の妖怪をゲットできる可能性があるデジよ!

すごい!

しかも妖怪の木なら妖怪ウォッチのランクに関係なく高ランク妖怪が寄ってくる可能性があるし、うんがいパワーを使えば妖怪の木の周辺プレイヤーに“ヒョーイ”させることも出来るデジ!空港とか長距離移動が頻繁な場所にはぜひ植えたいデジね!

おでかけに関する称号の開放

“ヒョーイ”したプレイヤーの移動場所などに応じて「称号」が開放されることもあるデジ。

称号ってな~に?

称号は「妖怪パッドメニュー」→「妖怪マップ」→「称号マップ」→「(右上の)おでかけ」→「クリアした称号」で持っている称号が確認できるデジ!

称号マップ

称号を設定すると、“ヒョーイ”する時とかに見られるプレイヤーアイコンのところに表示されるから、自慢の称号をセットしておくのもいいデジね!

効率よくヒョーイする方法を紹介!

基本的に“ヒョーイ”した相手が移動すればするほどお得ってことよね?

“ヒョーイ”した相手の移動距離に応じて「ひとだま」や「ヨーカ」が手に入るからそういうことになるデジね。

じゃあたくさん移動する予定の人に“ヒョーイ”させたいわ!何か効率のいい方法ってないの?

確実とは言えないけど、一応は効率のよい“ヒョーイ”方法もあるデジよ。

プレイヤーのひとことコメントをチェック!

周辺のプレイヤーをサーチしてから、プレイヤーのアイコンをタップすると、ひとことコメントを見ることが出来るデジ。“ヒョーイ”させる時、これを上手く使わない手はないデジよ!

どういうこと?

たとえば、ひとことコメントに「夜 北海道に行きます」って書いてあるプレイヤーがいたとするデジ。で、サーチした場所が東京だったとすれば、かなりの距離を移動する予定ってことデジよ。

あ!そういう人に“ヒョーイ”させれば一気に「ひとだま」や「ヨーカ」を稼げる可能性があるってことね!

承認されない可能性もあるし絶対ではないけど、参考にはなると思うデジ。

大きな駅や空港でヒョーイ

大きな駅や空港で“ヒョーイ”するのもオススメデジ!特に空港からは長距離移動する人が多いデジからね。

なんたって飛行機に乗る確率が高いもんね。

ただ、飛行機で海外まで行ってしまうとどうなるか分からないデジ。今のところ妖怪ウォッチワールドは日本のみ対応デジ。

よく行くところを見てみよう!

サーチしたプレイヤーのアイコンの下側には「東京」「大阪」といった大雑把な「よく行くところ」が表示されてるデジ。さらにプレイヤーアイコンをタップすると、○○県○○市○○区といったような「よく行くところ」の詳細が見られるデジよ。

ほんとだわ!

これを参考に“ヒョーイ”させるのもいいデジね。たとえば、東京でサーチして「よく行くところ」が「大阪」になってたとするデジ。その人が新幹線か何かで東京から大阪まで移動すれば、けっこうな距離が稼げるはずデジよ!

ハートマークのついたプレイヤーにヒョーイ

あとは、さっきも言ったけどプレイヤーアイコンの右下にハートマークがついてる人に“ヒョーイ”するのもオススメデジ。ハートマークがついてる人は自動承認になってるから、“ヒョーイ”される人数が上限に達してなければすぐ承認されるはずデジ。

承認を待つドキドキ感を味合わなくて済むのね!

ただ、「よく行くところ」がサーチした場所から近い場合はあまり移動しない可能性も高いデジ。「よく行くところ」が遠くになってたり、ひとことコメントに長距離移動の予定が書かれていて、さらにハートマークの表示があるプレイヤーが狙い目かもしれないデジね!

「ヒョーイの自動承認」を設定する際の注意点

    「ヒョーイの自動承認」の設定(ハートマークを付ける)については、現在Android(アンドロイド)端末のみ対応となっています。iPhone(iOS)は対応していません(2018年7月現在)。

初心者は「のってけ妖怪」システムを利用しよう!

2018年11月22日のアップデートから、「のってけ妖怪」というシステムが採用されたデジ!これは妖怪ウォッチワールドを初めてまだ間もないって人のためのシステムだデジ。

のってけ…妖怪?

サーチをしたときに下の画像のように妖怪が出てくるデジ。これがのってけ妖怪デジ。妖怪をタップすると目的地が出て、そこまでは確実に連れて行ってくれるデジよ!長距離移動こそしないけど、ある程度の距離を稼ぐことができるわけデジ。

のってけ妖怪

そうなのね!

見つけたら常にヒョーイができるデジ!ただこれは初心者をサポートするというシステムらしく、階級が上がるとなかなか登場してくれないデジ。ブイブイ頑張って100回くらいサーチしても出てこなかったデジよ…。ってくらい、階級が上がるとレアな妖怪なんデジ!

DMMVR動画ランキング

ヒョーイは簡単、メリットいっぱい!

“ヒョーイ(憑依)”はプライベートモードをOFFにして、ヒョーイさせたい妖怪メダルを妖怪ホルダーにセットして、あとはプレイヤーにメダルを指で運ぶだけデジ。

凄く簡単に出来るし“ヒョーイ”を使うとひとだまやヨーカがたくさん手に入ることもあるデジよ!“ヒョーイ”を使いこなすことで妖怪ウォッチワールドがもっと楽しくなるから、どんどん実践してみてほしいデジ!!