VR・AR・MR・SRの違い!総称XR【動画でわかりやすく解説】

VRを装着する少女

VRの技術を活用することで、エンターテインメントの幅が広がったり、より便利なサービスが提供できるようになったり、いろいろな可能性を秘めていることが分かったわけ。

僕自身、“超”がつくほどのアナログ人間だけど、VRの話を聞くうちにだんだんと興味が沸いてきたし!

「わー!ついに僕もデジタル人間に近づいてきたぞ」って、それはいいんだけどね。実は現時点で混乱してることがひとつ。調べてみたら『VR』VRの他にも『AR』だの『MR』だの『SR』だのってキーワードが出てくるじゃない。本当これマジで混乱するよ…。

そこでブイブイにVR・AR・MR・SRそれぞれの違いを聞いてみたんだ!ブイブイがわかりやすく解説してくれたよ!

この記事で会話をするキャラクター
ざぶとん君

ざぶとん君

通信販売会社に勤務する平社員の28歳。友人は多いが仕事の成績はほどほど。超アナログ人間のため、最近仕事でデジタル系の商品を扱うことが増えて焦りを感じている。

ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボット。現在ざぶとん君宅に居候中。最先端ロボへの憧れが強く、またデジタルテクノロジーについての知識も豊富。特にVRやARなどの最新技術には詳しい。

DMMVR動画ランキング

教えてブイブイ!VR・AR・MR・SRの違いって?

ねぇ、ブイブイ。ちょっとさ、教えてほしいことがあるんだけど。

ざぶとん君、改まってどうしたデジ?

あのさ、こないだブイブイにVRについて教えてもらったじゃない?でもさVRの他にもAR・MR・SRってのがあるみたいじゃない。これってなんなの?どう違うの?

確かにVRの他にもAR・MR・SRって技術があるデジ。確かにイマイチわかりにくいという人は多いみたいデジね。

イマイチどころじゃ…ないんだけどねぇ。まったく理解できナイアガラの滝!!

・・・・・・・・・。(気を取り直して…)VRもARもMRもSRも、それぞれ違いはあるんだけど、そんなに難しく考える必要はないデジ。もちろん知っておいて損はないけど、それぞれの違いを詳しく知ってなくたって大丈夫デジよ~。安心するデジ!

ブイブイにそういわれると、確かに安心するっていうか…ハードル下がるね。

そうデジ。そうデジ。このあとそれぞれの違いについて詳しく説明するけど…VR・AR・MR・SRって結局のところ“新しい現実感をつくり出すための技術”という点で共通しているデジ。それだけ知ってたら十分デジ~。

ふ~ん。

ちなみにVR・AR・MR・SRなんかをまとめて『XR(またはxR)』って呼ぶデジ。XRっていうのはエックスリアリティー(X Reality)の略なんだけど、恐らく将来的には「これがVRで、こっちはARで~」なんて、いちいち仕分けされることもなくなるんじゃないデジか~。

XRかぁ…。

そうそうXRデジ!それじゃXRと総称されるVR・AR・MR・SRの違いについて、詳しく説明するデジ!できるだけ簡単にわかりやす~く説明するデジ!ブイブイ心優しいデジ~。ロボットだから心はないけどね~。

DMMVR動画ランキング

VR(ブイアール)の特徴をブイブイと再確認!

まずはVRについておさらいデジ!VRは、バーチャルリアリティー(Virtual Reality)の略で、『人工現実感』と訳されるデジ。現実世界とは別のもうひとつの空間、もうひとつのバーチャル世界を作り上げて、その世界に入り込む技術デジ。

頭にVRゴーグル(他にもHMDやスマートグラスと呼ばれることもあり)を装着することで、360度(180度や270度などの場合もあるよ)バーチャルな世界を疑似体験できるんだもんね。

そうデジ。現実世界をシャットアウトすることでどっぷりバーチャル世界に入り込み、本当にその場にいるような臨場感を体感できるデジ。リアリティがあって今までにない新感覚を持つことができるデジ~。

Tilt Brush: Painting from a new perspective

上の動画みたいに、バーチャルな空間に立体的な絵を描けるアプリケーションなんかもあるデジ。

うっわー!!すごい!!他にもゲームはもちろん、いろいろなビジネスシーンでVRが使えるんだもんね。

すでにVRを取り入れている企業もたくさんあって、VRで物件の内見ができるサービスも増えてるデジ。遠いところに引っ越すときは便利デジ~。VRを活用して実際にそのメーカーが取り扱うキッチンを体感できるサービスを取り入れる大手インテリアメーカーもあるデジよ。

何度聞いても……VRって素晴らシーラカンスっ!!

VRを装着する女性 【やさしく解説】VRで実現できることは?生活や仕事はどう変わる?
DMMVR動画ランキング

AR(エーアール)ってなに?どんなことができるの?

続いてARについて解説するデジ。ARっていうのは、オーグメンテッドリアリティー(Augmented Reality)の略で、日本語で『拡張現実』と訳されるデジ。

おーぐめんてっどりありてぃー…ねぇ。

VRはバーチャルな世界がベースになっていて、そこに入り込むような体験ができる技術だけど、ARはあくまでも現実の世界がベースになっているデジ。現実世界にバーチャル世界を重ねる技術デジ。

AR技術で「動く教科書」

この動画のように、今まで平面だった教科書や参考書もARの技術で立体的に見ることができるデジ。わかりやすいデジね~。まさに現実の世界にバーチャル世界を重ねているデジ。

バーチャルな世界を“重ねる”かぁ。他にARの技術を活用するとどんなことができるのよ。

もちろん他にもARはいろいろなシーンで活用できるデジ。例えば現実世界の道路に立体のナビゲーションルートを表示してくれる便利なカーナビ。これもARデジね。

あれもARの技術なんだ!

他にもスマートフォンをかざすと現実世界にバーチャルなモンスターが登場するようなゲーム、あれもARの技術デジ。夜空にかざすと星座表を映し出してくれるアプリ、欲しい家具が自分の家にマッチするか購入前に試せるアプリもあるデジよ~。

へぇ。かなり実用化されているんだね。

現実世界を拡張できるARは、これからもかなり幅広く活用されるはずデジ。期待に胸膨らむデジ~。ブイブイはロボットだから胸はないけどね~。

MR(エムアール)ってなに?どんなことができるの?

続いてMRがどんな技術なのか説明するデジ。MRはいわばVRとARを融合したもので、VR・ARのひとつ上をいく技術ともいわれているデジ。

へぇ!

MRっていうのはミクストリアリティー(Mixed reality)の略で、『複合現実』と訳されるデジ。

複合現実ねぇ。

現実世界とバーチャルの世界を融合させるという点はARと同じだけど、ARが「現実世界にバーチャルを重ねる」のに対し、MRは「現実世界にバーチャルな世界を融合させる」技術デジ。しかもMRの場合は空間情報をもったバーチャル世界を融合させることができるデジ~。

Magic Leap | Demos: Waking Up with Mixed Reality

この動画を見るデジ~。現実世界とバーチャルの世界が融合しているデジ。現実世界を可愛いクラゲが泳いでいるデジ~。

わー本当だ!!でも…バーチャル世界を“融合させる”って、ちょっとよくわからないんだけど!!なんなのさそれ!!

ちょっと落ち着くデジ。ブイブイみたいに常に心を落ち着けるデジ。ロボットだから心はないデジけど。

・・・・・・・・・。

ARの場合、現実世界にバーチャルな世界を重ねているだけだから、例えば画面上に出てきたバーチャルなキャラクターには一定の距離以上近づくことはできないデジ。それに、例えば仮想のボールを投げるとして、そこに現実世界のテーブルがあっても投げたボールはすり抜けちゃうデジ。

それが…MRだとどうなるわけよ?

MRは空間情報(空間認識能力)をもっているから、ちゃんと設定しておけばキャラクターの至近距離まで近づいたり、背後に回り込んだりできるデジ。それに仮想のボールを投げても、ちゃーんとテーブルを空間として識別するからボールはばっちり跳ね返るデジよ。

そりゃすごい!

それに現実世界とバーチャルな世界を融合するだけじゃなくて、さらに身振り手振りでいろいろな操作ができたり、複数ユーザーとも同時にその空間を共有できるから、試作品の立体的なデザインや内部構造をプロジェクトチーム全員で確認したりすることもできるデジ。

それ画期的すぎ!

SR(エスアール)ってなに?どんなことができるの?

最後にSRについて解説するデジ。SRはサブスティテューションリアリティー(Substitutional Reality)の略。『代替現実』と訳されるデジ。

代替現実!?

そうデジ。あらかじめ撮影していた過去の映像を現実世界の映像と交ぜて映し出すことで、錯覚を起こさせるデジ。

錯覚ねぇ。何だかちょっと怖いね。

過去の情報と現在の情報が入り乱れて映像として入ってくるので、それが現実なのか過去なのか区別がつかないほどの錯覚を起こすとされているデジ。下の動画を見るデジ~。あらかじめ撮影していた映像と現時点の映像を合わせることで、そこに人がいないのにいるように錯覚させちゃうデジ。

現実と虚構の区別をつけなくする代替現実システム #DigInfo

そんなこともできるんだ!ところでSRってさ、一体どんな活用法ができるんだろうね。

SRについてはまだ実験段階なんだけど、医療現場などに活用できるんじゃないかと考えられているデジ。例えばPTSD(心的外傷後ストレス障害)治療などへの活用も検討されているデジ。

VRもそうだけどARやMR、SRの技術は僕たちの生活をより楽しく、より快適にしてくれそうだね!これからどんな風に発展するのかな?市場もどんどん広がるだろうし…僕かなり楽しみになってきたよ!

DMMVR動画ランキング

VR・AR・MR・SR…『XR』の将来はどうなる?ブイブイの予想

だんだんと将来が楽しくなってきたデジか?ざぶとん君がデジタルテクノロジーにどんどん興味を示してくれて…ブイブイなんだか胸が熱くなるデジ~。ブイブイはロボットだから胸はないけどね~。

僕たちの将来、VRやAR、MRなんかはどんな風に活用されるんだろうね?えっと…ひとまとめに『XR』っていうんだっけ。

そうデジ!わかってきたデジね~。未来のことはわからないけど、予想としてはもっともっと気軽にXRが活用できるようになるはずデジ。

もっと気軽に??

何だってそうデジ。例えば携帯電話だって最初はすごく大きかったし機能も通話だけだったけど、今ではスマートフォン(スマホ)になってるデジ。スマホがあれば、メッセージのやりとりだけじゃなくて、音声で操作できるようになってるデジ。

そうだね。PC(パソコン)がなくったってスマホがあれば困らないレベルに進化してるよね!

それと同じで、だんだんと改良が進んでVRゴーグルは小型化&軽量化が進み、さらにスマートに装着できるようになるだろうし、今でいうところのVRゴーグルを誰もが持っていて使いこなすっていうのが当たり前の時代がくるだろうデジね~。

スマホなんかと同じってことだね!

そういった時代になれば、VRやARといったいろいろな技術が単独で使われるんじゃなく、ごちゃ混ぜに活用されているんじゃないデジかね。溶け合ってうまく活用される可能性大デジ~。そうなれば冒頭で話したように「これがVR」「これはAR」なんて具体的な技術名で区別されなくなってくるかもしれないデジ。

そうか~!!僕らの5年後、10年後、20年後…みんなが進化したVRゴーグルを使って、当たり前に現実世界とバーチャルな世界とを上手に融合させてるかもね!なんだかすっごく楽しみになってきたぞ!

VRゴーグル 【おすすめVRゴーグル6選】実際に購入したVRヘッドセットを比較