【おすすめVRゴーグル6選】実際に購入したVRヘッドセットを比較

VRゴーグル

VR(バーチャルリアリティー)体験に欠かせないのがVRゴーグル。ハイスペックなVRゴーグルは、“VRヘッドセット”と呼ばれることもあるデジね。

このページでは、実際にブイブイが購入したVRゴーグルのうち、本当におすすめできるVRゴーグルを紹介してるデジ(2018年10月現在)!これからVRゴーグルを購入したいと思っている人必見デジよ!

この記事で会話をするキャラクター
ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボット。最先端AIロボットへの憧れが強いこともあり、日々デジタルテクノロジーについての知識を溜め込んでいる。特にVRやARなどの最新技術には詳しい。

あいちゃん

あいちゃん

可愛らしいビジュアルだが超ワガママ。アイドルグループ『超新幹線』のファンでウルトラオタク爆走中。趣味はブログ更新で「ブログに書くよ!」と周囲を脅すこともあり。

DMMVR動画ランキング

VRゴーグルとは?

VRゴーグルを装着する男性

VRゴーグルっていうのは、「バーチャルリアリティー(Virtual Reality)」=『人工現実感』を体験するためのアイテムだデジ。って…ちょっと難しかったデジか?簡単に言うと、VRゴーグルを装着することで、バーチャルな世界に入り込めるってことデジ。

VRってかなり話題になってるわよね。VRを活用したアミューズメント施設なんかも増えてきてるし!

そうデジね。最初の頃はVRゴーグルを装着すること自体に抵抗があるって人も多かったみたいだけど、興味を持つ人が急増したことでハードルもがっつり下がってきているデジ。VRゴーグルにもいろいろな種類があって、用途に応じて選べるデジよ!まぁブイブイは一通り買ってちゃーんと試しているデジけどね!

DMMVR動画ランキング

VRゴーグルの種類と選び方

さっきも言ったように、VRゴーグルと一口に言っても大きく分けて4種類(タイプ)あるデジ。違いについては、このあと詳しく説明するデジけど、それぞれ特徴を知って自分に合ったものを選ぶデジよ!

VRゴーグルの種類(タイプ)

  • スマホが必要なVRゴーグル
  • パソコンが必要なVRゴーグル
  • ゲーム機が必要なVRゴーグル
  • 単体で遊べるVRゴーグル

それぞれの違いについてはこの後、詳しく説明するデジ。種類の違い以外にも、それぞれ「値段」「スペック」「デザイン」などが違うから、いざ買うとなると迷ってしまうと思うデジ。

う~ん。確かに迷っちゃいそう。

だから、ブイブイが実際に買って試したVRゴーグルの中から、おすすめ商品をこのページで紹介しているデジ。と、その前にまずはVRゴーグルの種類(タイプ)について簡単に解説するデジよ。

スマホが必要なVRゴーグル

スマホをレンズの前にセットして使うVRゴーグルで「モバイルVRゴーグル」とも呼ばれてるデジ。VRゴーグル入門編としてはかなりおすすめデジね。比較的、良い商品でも値段が2,000~3,000円。中には1,000円くらいの商品もあるので手にしやすいと思うデジ。

スマホが必要なVRゴーグルの特徴

  • VRがどんなものか試したい人向け
  • 値段が2,000~3,000円と安価
  • 非対応のスマホもある
  • スマホにアプリをインストールする必要あり
  • クオリティは他のタイプに比べて劣る

パソコンが必要なVRゴーグル

いわゆるハイエンドVRゴーグル(VRヘッドセット)のことデジね。パソコンに接続して高品質なVR体験ができるデジ。ただ接続するパソコンも当然ハイスペックなものが必要だから、イチから揃えるとなるとかなりのコストになるデジ。

パソコンが必要なVRゴーグルの特徴

  • 本物志向のVR上級者向け
  • 本体価格は50,000円前後と高額
  • 20~30万円程度のハイスペックPCが必要
  • ある程度広いスペースが必要
  • 設定に苦労する可能性あり

接続するPCは当然、人によってバラバラだデジ。もう少し安いものを使っている人もいるし、もっともっと高額なものを使っている人もいるデジけど…だいたい20~30万円くらいじゃないデジかね。

それにセンサーを設置することでバーチャル空間を動き回ることができるから、ある程度のスペースが確保できないとだめデジ。ゴーグルを装着したまま、壁に激突!なんてことがあったら危険デジ。そもそもセンサーがうまく設置できない場合もあるデジね。

ゲーム機が必要なVRゴーグル

ゲーム機が必要なVRゴーグルっていうのは、要するに「PSVR(PlayStation VR)」のことデジね。今はまだ数がそう多くないデジけど、今後もどんどん登場するんじゃないかとブイブイは予想しているデジ!

ゲーム機が必要なVRゴーグルの特徴

  • PC対応より劣るがクオリティは高め
  • 本体価格は34,980円(税別) ※
  • ゲーム機(30,000~40,000円)が必要
  • 比較的スムーズに設定できる
  • PS4を持っている人なら検討する価値大

※PlayStation VR PlayStation Camera同梱版/CUHJ-16003 (CUH-ZVR2シリーズ)

単体で遊べるVRゴーグル

最近人気を集めているのが、単体でVR体験ができるVRゴーグルだデジ。スマートフォンもパソコンもゲーム機も不要だから手軽デジね(セットアップにスマホを使用する場合あり)。ちなみにこういった独立型のVRゴーグルは「スタンドアローン型」と呼ばれてるデジ!

単体で遊べるVRゴーグルの特徴

  • PC対応より劣るがクオリティは高め
  • 本多価格は30,000~50,000円
  • ケーブルレスなのでプレイ中に邪魔にならない
  • 比較的スムーズに設定できる
  • 今後、主流になる可能性大
DMMVR動画ランキング

おすすめVRゴーグル!実際に購入して良かったのはコレ

ここからはブイブイが実際に購入してみて「良かった!」と太鼓判を押すVRゴーグルを紹介するデジ。今後もいろいろな良品が出てくると思うけど、現時点ではこんなVRゴーグルがおすすめデジよ!

ダントツおすすめは「Oculus Go」

Oculus Go 5

メリット

  • コードレス
  • 対応コンテンツ(アプリ)が1,000以上と豊富
  • 値段が安い(32GB:23,800円/64GB:29,800円)

デメリット

  • ヘッドトラッキングなのでバーチャル空間を動き回ることができない

ブイブイがダントツおすすめしたいのは…ダララララララララ……

で、出たっ!ドラムロール!!

Oculus Go(オキュラスゴー)」デジ!!!今大注目されているスタンドアローン型(独立型)、値段も20,000円台となかなかリーズナブルだし、コンテンツも1,000以上と、かなり優秀なVRゴーグルだデジ!

どんなコンテンツがあるの?

ゲームに音楽(エンターテインメント)、ヒーリングなど、いろいろなコンテンツがあるデジ!アプリはOculusストアで購入するんだけど、無料で楽しめるアプリもかなりたくさんあるデジ~!だからOculus Goを購入すれば無料でもたっぷり遊べるデジよ!

それはいいわね!

デメリットとしては、トラッキング(動きを追跡する機能)が「ヘッドトラッキング(3DoF)」ってことデジね。ヘッドトラッキングだと頭の動き(前後・左右・回転)しか追跡できないから、バーチャル空間を動き回るようなコンテンツは不可能ってことデジ。

PSVR(PlayStation VR)

PSVR

メリット

  • 今後もたくさんのソフトが登場する可能性大
  • ポジショントラッキングでバーチャル空間を動き回れる

デメリット

  • PS4が必要になるので、イチから揃えるとコストがかかる
  • ポジショントラッキング採用のVRゴーグルの中では解像度が低い

ブイブイ的に…Oculus Goには負けるけど、「PSVR(PlayStation VR)」もなかなかおすすめデジ!SONY(ソニー)が開発したPSVRは、PlayStation4(PS4)本体がないと使えないから、ゼロから揃えようとすると結構な金額がかかるけど…クオリティはなかなか優秀デジ。

PS4がないと使えないのね。

PS4の本体価格が29,980円(税別/CUH-2200AB01)、PSVRが34,980円(税別/CUHJ-16003 (CUH-ZVR2シリーズ))。これにゲームソフトが必デジ。ソフトによって値段は違うけど、数百円のソフトから5,000円以上するソフトまで幅広くあるデジね。無料版や体験版もあるけど、やっぱり人気のソフトは高めなことが多いデジ。PSVRのソフトはこちらでチェックするデジ!

そうなのね。でもすでにPS4を持っているって人なら、検討してみてもいいかもしれないわね。

確かに!ゲーム好きの人でVRにも興味があるって人は多いはずデジ。それに無料で遊べるコンテンツも複数あるデジよ!ポジショントラッキング(6DoF)で体の動きも追跡可能!バーチャル空間を動き回るようなゲームが可能な点はメリットだデジ!

Oculus Rift

Oculus Rift

メリット

  • PC接続タイプのVRゴーグルの中では値段が安め
  • センサーの設置が簡単

デメリット

  • ゲームプレイ中にコードが邪魔になる

「Oculus Rift(オキュラスリフト)」はハイエンドVRゴーグルとして、一時かなり注目されたデジね。こういったハイスペックなVRゴーグルは、ハイスペックPCが必要になるけど、それだけにクオリティの高いVR体験ができるデジ。

ハイスペックPCって…値段はいくらくらいなの?

目安としては20~30万円くらいデジかね。高いものだと50万円くらいするデジよ。もともとゲーム好きでこういったPCを持っている人はいいかもしれないけど、PC+Oculus Riftを購入するとなると、かなりの出費デジね~。

そうね。

とはいえPC接続タイプのハイスペックVRゴーグルの中では値段が安めで、ポジショントラッキングのためのセンサーも、設置が簡単デジ。

HTC Vive

HTC Vive

メリット

  • センサーを的確に設置すれば死角がほぼなくなり快適に遊べる
  • Oculus Riftよりヘッドセットがわずかに軽量

デメリット

  • Oculus Riftより高額
  • センサーの設定に苦労する可能性あり

Oculus Riftと並んで、2大ハイエンドVRゴーグルとされるのが「HTC Vive(エイチティーシーバイブ)」デジ。当然ながらハイクオリティなVR体験ができるデジけど、使用するためにはハイスペックPCが必要になるデジ。

何十万円もするパソコンね…。

HTC ViveとOculus Rift、ブイブイはどちらも購入して使い比べてみたけど、まずHTC Viveのセンサーの設置は面倒デジね。うんと広いスペースがあれば問題なく設置できるのかもしれないけど…ブイブイかなり苦労したデジ。

そうなんだ。値段は?

64,250円(税別)と高めデジ。Oculus Riftは税込50,000円だから、比べると約2万円高いデジね。ちなみにブイブイのHTC Vive、センサーが故障しちゃって…保証期間内だったから修理に出したデジよね。そしたら送料のみで無料で修理してくれたデジ~。対応も1週間くらいですごく早かったデジ!良心的デジ!

Echo AMZ

Echo AMZ

メリット

  • 値段が安い
  • 視野角(首を動かさず視線だけで見える角度)が120度と広い
  • 重量約300gと軽量

デメリット

  • 数万円するVRゴーグルよりクオリティが劣る

ここからは、お手軽VRゴーグルだデジ。これまで紹介してきたVRゴーグルと比べて、値段もうんと下がるから、「とりあえずどんなモンか試してみたい!」という人におすすめデジよ!「Echo AMZ」は購入当時、Amazon(アマゾン)で1位だったVRゴーグルデジ。

値段はいくらくらいだったの?

えっと…確か2,000円しないくらいだったような…。さっきAmazonで確認したら1,880円だったデジ。ちゃんとピント調節機能がついているし、コントローラーも付属されてるデジ。

へー!安いのね。

もちろん、数万円するVRゴーグルよりVRのクオリティは下がるけど、初めての購入で数万円出すのは抵抗があるデジ。だからこういったVRゴーグルで試してみるって賢いデジよね。

確かに!

ハコスコ

ハコスコ

メリット

  • とにかく安い

デメリット

  • 耐久性が劣る
  • ピント調節機能がない

これは発想が面白い!ってことで気に入っているVRゴーグルデジ。ダンボールでできたVRゴーグル「ハコスコ」デジ!

これかなり話題だったのよね。

「ハコスコ」にもいろいろな種類があるデジけど、最安700円は驚きデジ!安いデジ!でもレンズのクオリティは、他のモバイルVRゴーグル(スマホを使用するVRゴーグル)に劣らないデジ!

700円はスゴイわよね!まぁ紙だから…(笑)

面白い商品だけど、耐久性の面ではやっぱり劣るデジね。それにピント調整機能がないから、本当の入門編デジ。ただ専用アプリなんかも開発されてて、結構楽しめると思うデジ!

おすすめVRゴーグル比較表

ここで、各VRゴーグルを比較するデジ!とはいえ、数万円するVRゴーグルとリーズナブルなVRゴーグルを並べてもあまり意味がないデジ。なので「Oculus Go」「PSVR」「Oculus Rift」「HTC Vive」の4商品を比較してみるデジ!

 Oculus GoPSVROculus RiftHTC Vive
価格
(税込)
23,800円:32GB
29,800円:64GB
37,778円50,000円69,390円
デバイス
単体で使用PS4PCPC
トラッキング3DoF6DoF6DoF6DoF
視野角110度100度110度110度
重量468g600g468g470g
解像度2560×1440
(液晶パネル)
1920×1080
(有機EL)
2160×1200と
(有機EL)
2160×1200と
(有機EL)
バッテリー
持続時間
・ゲーム:
約2時間

・動画:
約2時間半
PS4接続なので切れないPC接続なので切れないPC接続なので切れない
プラット
フォーム
OculusストアPSストアOculusストア
Steam
Viveport
Steam
※3DoF=ヘッドトラッキング(頭の動き(前後・左右・回転)を追跡)
※6DoF=ポジショントラッキング(3DoF+体の動き(前後・左右・上下)を追跡)
※価格改定や仕様変更などによって数字が変わる可能性があります。

どうデジか?どのVRゴーグルも良い面と悪い面があるデジけど、やっぱりOculus Goの安さは魅力デジ~。

どの商品も1週間以内に到着!

ブイブイは「Oculus Go」「PSVR」「Oculus Rift」「HTC Vive」全部持ってるけど、どのVRゴーグルも1週間以内で手元に届いたデジよ!早い商品だと2~3日で到着デジ。待つストレスがないのは魅力デジ!

例えばOculus Goなんて海外発送よね?それでもそんなに早く届くんだ!

そうデジ!感動デジ~!

【2019年5月21日発売】次に購入するのは「Oculus Quest」

Oculus Quest

実は、2019年5月21日発売デジけど、ブイブイ次に狙ってるVRゴーグルがあるデジ!それが「Oculus Quest(オキュラスクエスト)」デジ~!

オキュラスクエスト?

そうデジ!ブイブイお気に入りのOculus Goを開発したOculus社の、次世代VRゴーグルだデジ!Oculus Go同様にスタンドアローン型(独立型)にして、ポジショントラッキングできるデジ!

バーチャル空間での自由度が高くなるのね!

そうなんデジ。Oculus RiftやHTC Viveの高品質なVR体験ができるうえ、ケーブルレス(コードレス)で身軽という魅力的なVRゴーグルだデジ~。きっと凄い没入感デジ~。想像しただけでワクワク&ドキドキだデジ!ロボットに心臓はないけどね~。

あいちゃん

Oculusの最新VRゴーグル2つは下の記事でチェックよ!Oculus Quest(オキュラスクエスト)&Oculus Rift S(オキュラスリフトエス)って言うのよね!
DMMVR動画ランキング

VRゴーグルでバーチャル体験を楽しもう!

ブイブイのおすすめVRゴーグルを一挙公開したデジ~。すでにいろいろなVRゴーグルが登場していて、リーズナブルな商品も増えているから、ぜひぜひ試してみてほしいデジ。

何事も体験してみるのが大事デジ!きっとVRにハマること間違いなしデジ~。もちろん本格VR体験ができるハイスペックVRゴーグルを試すのもアリだデジ!高い没入感にきっと腰抜かすデジよ!