ミラともVR

  1. ミラともVR
  2. VRをやさしく解説Oculus Rift Sの基礎から10倍楽しむ方法まで!知らないと絶対損するよ

2019/04/02更新

Oculus Rift Sの基礎から10倍楽しむ方法まで!知らないと絶対損するよ

Oculus Rift S

過去「Oculus Rift(オキュラスリフト)」「Oculus Go(オキュラスゴー)」を開発、さらに2019年春には「Oculus Quest(オキュラスクエスト)」の発売を発表しているOculus社が、さらに新しいVRヘッドセット(VRゴーグル)の発売を発表したデジ!

その名も『Oculus Rift S(オキュラスリフトエス)』!!

VR業界を盛り上げ続けるOculus社の新型VRゴーグルとなれば、ブイブイだって心躍らないはずがないデジ~。本ページでたっぷりと「Oculus Rift S」について紹介していくデジよ!

この記事で会話をするキャラクター
ざぶとん君

ざぶとん君

通信販売会社に勤務する平社員の28歳。友人は多いが仕事の成績はほどほど。超アナログ人間のため、最近仕事でデジタル系の商品を扱うことが増えて焦りを感じている。

ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボット。現在ざぶとん君宅に居候中。最先端ロボへの憧れが強く、またデジタルテクノロジーについての知識も豊富。特にVRやARなどの最新技術には詳しい。

Oculus Rift Sとは?何ができる?

Oculus社(オキュラス社)は、サンフランシスコで開催された「GDC 2019(Game Developers Conference 2019)」で、『Oculus Rift S(オキュラスリフトエス)』の発売を発表したデジ~。ちなみに「CDG」っていうのは、世界各国のゲーム開発者を中心に行われる会議のことデジ。毎年開催されているデジよ。

Introducing Oculus Rift S

Introducing Oculus Rift S

『Oculus Rift S』!?Oculus社が初期の頃に開発したVRゴーグルって『Oculus Rift(オキュラスリフト)』だよね?それに「S」が付いたOculus Rift Sって…どんなVRゴーグルなんだろ?ひとまず期待はできそうだよね。

そうデジよ~!!!ざぶとん君わかってるデジね~!!!ブイブイめちゃめちゃ期待しているデジよ~!!!日本語サイトも完成しているデジっ!!!ちなみにOculus Rift Sはテクノロジーカンパニーとして知られる「Lenovo(レノボ)」の支援を受け、より快適な使用感を目指しているデジよ~。

ぼ、僕はそこまでのテンションではないんだけど…。だ、だけど、確かにOculus社の新作VRゴーグルとなれば、きっとスゴイんじゃないかって思うよ!ところで発売はいつなの?

発売日は、現時点だと2019年春とだけ発表されているデジね(2019年4月2日現在)。ちなみにOculus社がOculus Rift Sより前に発売発表をしている「Oculus Quest(オキュラスクエスト)」も2019年春の発売予定デジ!もしかすると同日リリースも…あるかもデジ~。楽しみデジ~。

「Oculus Rift S」も「Oculus Quest」も2019年春の発売予定なんだ!…って、春っていつよ!?

まぁそこは楽しみに待つデジよ!ちなみに「Oculus Quest」はスタンドアローン型(独立型でPC接続不要)デジが、「Oculus Rift S」についてはゲーミングPC(ゲームプレイを目的としたハイスペックパソコン)とのケーブル接続が必要デジ。ただ先代「Oculus Rift」と違って外部センサーが不要デジ!

そうなんだ!外部センサーがないだけでも気軽さが増すね。外部センサーの設置も手間のひとつだもんね。

VRスタイルトラッキング価格
Oculus Rift SPC接続型6DoF399ドル
(約44,688円※)
Oculus Quest一体型6DoF399ドル
(約44,688円※)
Oculus RiftPC接続型6DoF50,000円
(発売当初)
Oculus Go一体型3DoF23,800円
(32GB)
29,800円
(64GB)
Gear VRスマホ接続型3DoF129.99ドル
(約14,558円※)

※Oculus公式サイト掲載の米ドルより、1ドル112円で計算しています(小数点以下切り捨て)。

「6DoF」とか「3DoF」はバーチャル空間の中での自由度デジ。「6DoF」だとバーチャル空間で頭+手足の動きを反映、「3DoF」は頭の動きだけを反映するデジ。

じゃあOculus Rift Sはばっちり全身の動きを反映させられるんだね。

そうデジ!外部センサーがなくなって、5つのカメラが内臓されたデジ。このカメラが体の動きをトラッキング(動きを追跡する機能)するデジよ!

PC接続のスタイルやトラッキング(6DoF)などは同じだけど、解像度が上がって、外部センサー不要で使いやすくなったってことか!

そうデジ!言ってみればOculus Rift SはOculus Riftの改良版。しかもOculus Riftと互換性ありで、過去に購入したコンテンツをプレイできるデジ!ということで、Oculus Rift ユーザーでOculus Rift買い替えを検討している人にはぴったりだと思うデジ~。

Oculus Go、もしくはOculus Questの購入を検討している人は下の記事を参考にするといいよ!

ちなみにデジが…VR初心者がいきなりOculus Rift Sなど数万円するVRヘッドセット(VRゴーグル)を購入するのはかなりハードルが高いデジよね。もし「ひとまずVRっていうのがどんなものか試してみたい」というモチベーションの人がいたらダンボール製の「ハコスコ」を試してみるデジ。700円で手軽にVR体験ができるデジよ。

Oculus Rift Sのコンテンツは?優良VRゲームに期待大

気になるOculus Rift Sでプレイできるコンテンツ(タイトル)についてデジが…さっきも言ったようにOculus Rift Sは先代のOculus Riftと互換性があるデジ(例外がある可能性あり)。だからOculus Riftユーザーが過去に購入したタイトルを、そのままOculus Rift Sでプレイできるデジ!

それは便利だし、コスト面でも助かるね!

ちなみにPC(パソコン)の推奨スペック&最小スペックもOculus Riftと変わりなし。ちなみに噂によるとOculus Questとのクロスプレイ&クロスバイにもばっちり対応しているデジ~(い一部を除く)。

クロスプレイとは?

対応ゲーム間で、プラットフォーム(アプリが動作する環境)に関わらず対戦プレイができること(Cross Play)。PS3・PS VIta・PS4間で自由にマルチプレイできるなど。

クロスバイとは?

対象ゲームがさまざまなプラットフォーム(アプリが動作する環境)で配信されている場合、どれか1つのプラットフォームでゲームを購入すれば、他のプラットフォームでもそのゲームがプレイできること(Cross Buy)。

そもそも、すでに発売されているOculus RiftやOculus Goのコンテンツはかなり豊富で、特にゲームコンテンツに人気が集中しているらしいデジから、Oculus Rift Sもゲームを中心にたくさんのコンテンツがリリースされると予想しているデジ。

ゲームコンテンツって本当に楽しいよね。「VRといえばゲーム!」みたいなところあるもんね!

Oculus RiftやOculus Goの場合は、『Oculusストア』でアプリ購入ができたデジ。だから多分Oculus Rift Sも同じようにOculusストアからのコンテンツが買えるはずデジ。それにOculus Riftは『Steam(スチーム)』でもゲームが購入できたから、Oculus Rift Sも同様じゃないデジかね。

Steam(スチーム)ってパソコンゲームのプラットフォームのことだよね?なんだかOculus Rift Sの発売が楽しみになってきたぞ!!

もう発売されているOculus Goのアプリやゲームについては次の記事を参考にするデジ~!

Oculus Rift Sのおすすめアプリ・ゲーム

Robo Recall for Oculus Rift

Robo Recall for Oculus Rift

Oculus Rift Sのおすすめアプリ&おすすめゲームについては、Oculus Rift S発売以降、ここで紹介していくデジ~。楽しみにしているデジよ!

Oculus Rift Sで他の動画配信サービスを楽しむことも!

Oculus Riftは、バーチャルな空間でWebブラウザを開いてインターネット検索ができるアプリがあったデジ。恐らくデジが…こういったアプリもOculus Rift Sで利用できるはずデジ。

そうなると、どんなことができるの?

他のアプリがなくても「YouTube(ユーチューブ)」の動画が視聴できるデジ!ブイブイ予想ではあるデジが、Oculus Rift SでもYouTubeなんかのいろいろな動画が視聴できるようになると思うデジ~。あ~楽しみデジね~。

Oculus Rift Sの価格は?

すでに最初の段階でOculus Rift Sの値段は出しているデジが、ここで再度、Oculus Rift Sの値段について紹介するデジ!

Oculus Rift Sの価格

399ドル/約44,688円
※Oculus公式サイト掲載の米ドルより、1ドル112円で計算しています(小数点以下切り捨て)。

この値段、Oculus Rift Sと同じタイミングの2019年春に発売予定となっているOculus Questと全く同じ価格デジ。

まったく同じ金額なの?そうなるとさ…先代のOculus RiftやOculus Rift Sに対応したハイスペックPCを持っている人はOculus Rift S、ハイスペックPCを持っていない人はOculus Quest…みたいな選択肢になりそうじゃない?

まぁ一概には言えないデジが、あながち間違いではないかもデジね。ハイスペックPCは何十万円もするデジからねぇ。イチから揃えるとなると結構なコストだデジ。

Oculus Rift Sのパッケージ内容

Oculus Rift Sのパッケージ内容は、恐らくデジが「Oculus Rift S本体」「コントローラー」「ケーブル」といった感じになると思うデジが、これについては発売されてから公開するデジ!

Oculus Rift Sのスペックについて

Oculus Rift Sのスペックについては、以下のような感じになると思うデジ。とはいえまだ発売されるまで不明な点があって申し訳ないデジが…発売後に更新する予定するデジよ!

Oculus Rift Sのスペック
本体サイズ不明
本体重量不明
ヘッドホン内蔵
マイク内臓
ディスプレイ解像度2560×1440(片目1280×1440)、LCD×2
プロセッサ 不明

そしてOculus Rift Sの推奨パソコン(PC)が以下デジ!対応しているPCがないとうまく作動しないデジから、PC環境は必ず確認するデジ!

 推奨スペック最小スペック
グラフィックカードNVIDIA GTX 1060 / AMD Radeon RX 480以上NVIDIA GTX 1050Ti / AMD Radeon RX 470以上
代替可能グラフィックカードNVIDIA GTX 970 / AMD Radeon R9 290以上NVIDIA GTX 960 / AMD Radeon R9 290以上
CPUIntel i5-4590 / AMD Ryzen 5 1500X以上Intel i3-6100 / AMD Ryzen 3 1200、FX4350以上
メモリ8GB以上のRAM8GB以上のRAM
ビデオ出力HDMI 1.3互換ビデオ出力DisplayPortTM 1.2ソース
Mini DisplayPortTM - DisplayPortアダプター
(mDP-DPアダプター同梱)
USBポートUSB 3.0ポートx3、USB 2.0ポートx1USB 3.0ポート1つ
OSWindows 10Windows 10

今後、また新たなことがわかり次第、内容を更新していくデジよ!

Oculus Rift Sの購入方法&購入時の注意点

Oculus Rift Sは、これまでOculus社のVRヘッドセット(VRゴーグル)同様に、Oculusストアでの購入になるデジ。

きっとそこは他のVRゴーグルと同じだよね。

ちなみにデジが…OculusのVRゴーグルはAmazonでも販売されているデジが…過去どのVRゴーグルもOculusストアが最安値だったデジからね…Oculus Rift SもOculusストアで購入するのがベストだと思うデジ。

公式のOculusストアから購入したほうが、安心感もあるよね。

そうデジよ。あとこれはOculusストアで商品を購入するときの共通の注意点なんデジが、情報はローマ字入力するデジ。Oculus社の商品は基本的に海外発想デジから、文字化けして届かないといったトラブルを防ぐためにもローマ字入力がおすすめデジ!

Oculus Goを実際に購入した流れについては下の記事にまとめておいたよ!海外のサイトだったけど、それほど苦労せずに購入できたんだ!

Oculus Rift Sの初期設定&セットアップは簡単?

発売されてみないとなんとも言えないデジが…Oculus Rift Sのセットアップについては、それほど難しくないと思うデジ。Oculus Riftは外部センサーの設置(調整)がちょっと面倒だったりしたデジが、Oculus Rift Sは外部センサーも不要になったわけデジから。

確かにそのひと手間がなくなっただけでも助かるね!

スクリーンショット&データをPCに保存する方法

このあたりについては、Oculus Rift Sが発売されてみないとわからないデジね。とはいえだんだんと簡易化されているわけデジから、そんなに手間ではないんじゃないデジかね~。

Oculus Rift Sがフリーズ!再起動の方法は?

繰り返しになって申し訳ないデジが、Oculus Rift Sがフリーズした、起動しない、何も見えない…そんなトラブルが起きた場合の対処法については、発売されてみないと正直わからないデジね。

確かにまだ発売されていないわけだしね。

ちなみにOculus Riftが過去、エラーになって使用できなくなるといった症状が世界的に起こったデジよ。その時の原因はOculusソフトウエアのセキュリティ証明書の期限切れだったわけデジが、その際は修正プログラムの配布と、利用者へのOculusストアポイント送付が行われたデジよ。

ちゃんと対応してくれたんだね。そういったOculus社の対応は安心感が増すなぁ。

魅力いっぱいのOculus Rift Sで遊ぼう!

先に発売が予告されていた「Oculus Quest」に次いで発売が発表された「Oculus Rift S」。

VR業界でOculus社の存在は大きいデジからね、今回の同時発売予定もかなり期待大デジ。

恐らくはゲームコンテンツが大半を占めるようになると思うデジが、先に発売されているOculus RiftもOculus Goも、ゲームコンテンツは熱いデジからね~。本当に今から楽しみすぎるデジ!

今回紹介した情報以外にも新情報がわかったら随時更新予定デジ!みんなもブイブイと一緒に楽しみに待つデジよ!

運営会社お問い合わせプライバシーポリシー

関連サイト|ミラとも電力自由化ミラとも転職

© 2019 ミラともVR All Rights Reserved.